疲労回復に重要。日常生活に運動を取り入れよう

pixta_34932271_S

疲労回復に対し、食事と睡眠が有効だということは誰もが知っていることだと思いますが、身体を動かすことも前の2つと並ぶほど有効だということはご存知でしょうか。ここでは身体を動かすことによって疲労が回復するメカニズムと、おすすめの種類について紹介致します。

普段筋肉を使用しないと、その部分の筋肉は弱くなってしまい、疲労がたまりやすい身体になってしまいます。身体を動かすことによって、中の筋肉が伸縮し、血流が良くなります。それによって身体全体に栄養が行きわたることになり、疲労回復へとつながります。筋肉が付くことによって疲労がたまりにくい身体になります。汗や尿によって体の毒素を排出することができ、がんの予防にもなります。さらに身体を動かすことによってストレスを解消する効果もあり、睡眠もとりやすくなります。

しかし身体を動かせば必ず効果を得られるかというのは、少し違います。急なランニングなどのいきなり激しく身体を動かすことは逆に疲労をためることになります。これは身体の中の機能や代謝が追い付けないために起こってしまいます。

疲労回復に挙げられるのは、ストレッチやウォーキング、ヨガなどの軽い有酸素運動です。身体的にも精神的にも疲労回復に有効とされています。これを1日30分程度でも定期的に続けていくことで、疲労回復に加え、疲労の溜まりにくい身体を作っていくことになります。

身体を動かすことによって疲労回復になるということについて紹介してきましたがいかがでしょうか。ストレッチやウォーキングを1日30分とあまり時間も使わずにでき、心身共に疲労をとることができます。毎日疲労を溜めすぎないようにどれか1つでも普段の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。