油断は禁物!会社の健康診断は結果をしっかりチェック

Stethoscope with and Laptop on desk,Doctor working in hospital writing a prescription, Healthcare and medical concept,test results in background.

サラリーマンとして働いているとほとんどの場合において年に1回の健康診断が行われることになります。これは法律に基づいて実施されるものですのでどのような会社であっても基本的に義務付けられているものです。しかしその内容については会社ごとに異なっており、若い場合には血液検査を行わないケースもあります。

しかし35歳及び40歳以上になれば血液検査を実施するのが基本となりますので、様々な重要な情報を得ることが出来ます。ただ単に検査結果をもらうだけでは折角の検査の結果を活用することが出来ませんが、ある程度の勉強をしておくことですぐにでも役立てることが出来るようになります。主な血液検査として糖尿病、肝機能障害、脂質異常などの症状を早期発見する目的で行うものです。これらについて必要最低限の知識を持っておくことで役立てることが出来るようになります。

毎年のことになるとあまりよくない結果になったとしてもそのまま放置してしまうケースが少なくありません。検査結果の判定は若干厳しめの基準であるというのは事実ですが、初めて正常範囲を超えたのであれば、一度は専門の医師の診察を受けて今後の対策を講じるべきであると言えます。